原点は、姉から妹への願い。

しなやかな反骨心を
支えるジュエリー

私には10つ歳が離れたアンナという妹がいます。
彼女の人生が明るくなりますようにという一心で、伝え続けていることがあります。

「しなやかな反骨心」を大切にして欲しい、と。

これは、むやみやたらに尖り、周囲に反抗することを推奨する言葉ではありません。

多様な価値観を受け入れる、好奇心と柔らかさ。
世間や常識に流されず自分らしさを貫く強い意志。

一見、相反する2つの価値観を持ち合わせてほしい、という姉からの切なる願いです。

こうすべき、ああすべき。
社会には、至る所に目に見えない圧力が存在します。
そのなかで自分らしく生きることは簡単ではなく、ときに緊張や不安を伴います。

アンナが今の私と同じ年齢になる10年後。
彼女の人生が、社会が、明るく光り輝いているように、そんな願いを込めてANNA DIAMONDは始まりました。

ANNA DIAMONDのジュエリーが、貫くことを決めた人の、背中を支える存在となりますように。



ANNA DIAMOND Founder / Designer
森春菜

しなやかな反骨心を
携えた素材

私たちがお届けするのは、消費社会で注目されてこなかった素材に新たな視点を与え昇華する一連のストーリーです。

ストーリーの序章として、私たちの商品開発は新たな素材との出会いから始まります。

私たちが扱う素材は、消費社会では見過ごされてきたものの、輝くことを諦めない素材、すなわち「しなやかな反骨心」を持つ素材です。

愛媛県宇和島のユニークなアコヤ真珠

ユニークな色や形のアコヤ真珠。これまではその個性により、宝飾品としては認められず、表舞台に出てくることはありませんでした。しかし視点を変えると、長い年月を経て育った個性こそが宝物であることに気が付きます。まるで人間のように、みんなと同じ正円、すなわち正解でいることよりも、枠におさまりきらない、いきいきとした個性が輝く真珠を使用しています

ラボグロウンダイヤモンド

その名の通りラボ(lab:研究室)でグロウン(grown:成長)した、ダイヤモンドのことです。鉱山で採掘する天然ダイヤモンドと比べて、環境負荷が少なく労働問題や紛争にも関わらないことで知られている素材です。私たちは、新しい個性を持ちながら、これまでの宝飾業界に疑問を投げかける、意志のあるラボグロウンダイヤモンドを使用しています。

都市鉱山由来の金属

地球の住人の後継者として、人類が生み出した廃棄物をジュエリーに昇華し、未来へとバトンを繋ぐ。日本の溶解技術の高さを生かして、廃棄された携帯電話やパソコンなどの中に含まれる有用な金属資源をジュエリーにアップデートしています。

生産背景

製品は、職人さんの手と手を繋ぐバトンです。どんな環境で、どんな手によって、どんな工程を通して作られた製品なのか。透明性を持って、皆様にお伝えします。